誰でも相談できない尿失禁の症状|恥ずかしがらずに専門医に相談

このエントリーをはてなブックマークに追加

今最も注意が必要

笑顔の女性

梅毒という病気は、性行為をすることによって感染してしまう性病です。梅毒という病気は、昔かなり流行した病気で治らない病気と言われてきたほど恐ろしい病気です。昔流行した病気ですが、ここ数年間で若い人の多くが発症していて、国が注意を呼びかけるほど問題になっています。注意することといえば、性行為をする際には必ずコンドームを着用することです。他の性病もそうですが、コンドームを着用することで性病にかかるリスクはかなり減ります。それともうひとつは、不特定多数の人と性的関係をもたないことです。性病にかかる理由として最も多いのが、不特定多数の人間と性的な関係を持ったことだからです。相手の人が自分でも知らないうちに性病を移されて、その相手と性行為をしてしまう場合が考えられます。

梅毒を防ぐということを考えた時、一番大事なことは梅毒に対しての知識を自分でも持っておくことです。梅毒は不治の病とまで言われた病気ですが、昔に比べて医療が発達したために薬も開発されて治療が可能になりました。妊娠をして早い段階で発見できれば、影響を受ける確率は減りますが、発見が遅れると赤ちゃんが先天性の梅毒にかかるリスクが、60%以上と高い確率であります。しかし今では、妊娠をして妊娠検査を受ける段階で、梅毒の検査も受けるようになっています。泌尿器科でも対応可能なので、早めに検査を受けるようにしましょう。早ければ他の人にも感染させる可能性が減ります。